褥瘡に対する新しい考え方と治療
 
 
更新情報  
「V.体圧分散マットレスの重要性」の「3.マットレス選択基準」を改訂しました。(2005. 7. 12)
ホームページをリニューアルしました。(2005. 6. 1)
「II 治療・看護計画を立てるために」に「4. 危険要因による看護計画を立てる」を追加しました。(2004.4.17)
お知らせ  
リンク  
日本下肢救済・足病学会
廣仁会在宅介護医療事業部
日本褥瘡学会
日本褥瘡学会北海道地方会
褥瘡に対する新しい考え方と治療
I. 褥瘡の発生要因
II. 治療・看護計画を立てるために
III. 体圧分散マットレスの重要性
IV. 褥瘡治療の実際
 
-
研究報告(厚生省長寿科学総合研究事業)
日本における褥瘡の現状(H10)
 
本邦における褥瘡の現状と問題点
 
 
大浦武彦
 

1962年に北海道大学大学院 医学研究科修了後、同大学医学部形成外科学講座教授、同大学医学部附属病院長等を経て医療法人 社団 廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所所長、日本褥瘡学会 理事長を勤める。
1987年には米国熱傷学会特別賞:エバンス賞を受賞。
褥瘡(床ずれ)・創傷治癒に関する著書・原著多数。

プロフィールへ→

 
 
 
Copyright (C) 2003 Takehiko Ohura Home Page. All Rights Reserved.